クレイジータイムについて

 

クレイジータイムって新しいカジノゲームが登場したみたいな記事がTop10カジノスロットにあったのですが
ゲーム内容の紹介を読んだ感じ、ルーレットに似た感じの内容なんでしょうか。
```
2017年にリリースされた「ドリームキャッチャー」と同じ、
回転盤がどこに止まるかを賭けるマネーホイールタイプのゲームです。
```
上記のような感じで紹介されている文面だけ確認をすると、オンライン版の自動ルーレットゲームみたいな位置付けなのかなと思います。
```
最高50万ドルというクレイジーな配当が
可能となっている正にジャックポット級のゲーム
```
最高で50万ドル・・・日本円にして、およそ5千万ほどになるでしょうか。
5千万が一瞬で獲得できる可能性があるのであれば、億万長者を目指してみたいですね。
ただ、カジノで数千万の配当というのは、あまり珍しいこともないようなので
実際のところ、結構オンカジで数千万を稼ぐことは難しいことではなさそうですよ。

大正初期から存在しているパチンコ

オンカジも楽しいけど、オンカジをされている方のほとんどがきっとパチンコをしたことがある人いると思うんですよね。
そもそも、パチンコって2000年くらいには、広い人気を持っていて、パチンコもサラリーマンや学生の中で息抜きの遊びとして知られていました。
ただいつからか、パチンコ=ギャンブルとなってしまい、遊びというよりも生活の基盤として考える人や給料を小出しに貯金して欲しいものを買うのが我慢できない人などが一髪をかけて挑むものになってしまったように思います。
パチンコまとめ」を読むと、パチンコ業界は過去最高で市場規模30兆円までの勢いがあったとされています。

30兆円も国内でお金が回ったことがあるんだ・・・って最初に感じてしまいましたが、それくらいの人数とお金がパチンコに関わったんだなって思うと、今でもパチンコは日本の経済を動かしたと言えるくらいすごいものなんだなと思いますね。

パチンコができたのが、大正初期の頃と言われていますが、このままパチンコが国内から姿を消していってしまったとしたら、おそらく令和からは
オンラインカジノが日本でも正式にこの先数年くらいで登場すると思います。
そうなった時に、またパソコンやネット回線などで、インフラ面や国内販売台数契約数が、飛躍的に広がるのかなって思うと、確実に大きく何かしらの動きがありそう!って思いますよね。
新しい時代にこれからも敏感にアンテナを貼って行きたいなって思いました。

エヴァンゲリオンスロットがいよいよオンカジに出るのか!?

 

エヴァンゲリオンスロットがオンカジのニュースサイトで話題になり始めましたね。
これは、本当にオンカジでエヴァのスロットを楽しむことが出来る日もそう遠くはないのかもしれないですね。

記事の流れとしては、2005年から15年間継続してパチスロ店に新台として登場し続けてきたエヴァですが〜みたいな感じで書かれており
最新台までの簡単な紹介がされておりました。
それにしても2005年がエヴァの初代なんですね。
結構歴史が浅い方なんだなって思いましたけど、パチスロで長くシリーズを出していられるのは、本当に幅広い人気を持っているからなんでしょうね。
初代の台には本当にパネルが丈夫にあって演出もおそらく今みたいな台全体を使った演出ではなくグラフィックオンリーなんだろうなぁと
そう考えると15年間でここまで進化をとげたのは、かなり早い進化なのかもしれないですね。

自分が触り始めたのが2012年頃の台なので、この頃にはもうすごい進んでますね。
台のリールも電子制御がされていて演出もプレイヤー側すると気持ちが熱くなるように作られていました。

そして、現在の最新台2020年製は、もう15年前の面影がほとんどないくらいに台全体を使ったスロットに仕上がっています。
2020年の台を見てる感じこれ以上の進化があるのかなとも思いますが、今後のエヴァの進化にも期待ですが
オンカジプレイヤーからすると、エヴァもオンカジ側に回ってくれたら嬉しいなって思いですよね!

2021年はパチンコとオンカジでの同時リリースとならないかなと、非常に期待が高まります。

少し前に話題になったボナンザスロットが、グレードアップして新作登場!

 

エクストラチリスロットって、今年の1月くらいから話題になってたのかな?
何かで過去に調べたような気がするなって思ったんですけど、ここでもう一度ブログ記事にしておこうかなと思いました。

エクストラチリスロットってどんなスロットなのか
ボナンザスロットの人気機能をさらにパワーアップしてリリースして以来話題を呼んでいるスロットのようです。

ボナンザスロットに関しては、過去に記事に3月29日くらいに記事にしてはいるんですけど
すごいざっくりとした説明ではありますが、過去に記事にしていました。
だからかな?似てる感じがして初めて書く記事とはあまり思えかったです。

ボナンザスロットの機能を更によくした物が、今回記事にするエクストラチリスロットになります。

ボナンザスロットでは、どんな機能が人気だったか

・メガウェイ機能
・スキャッター機能
・追加スキャッター機能
・ワイルド機能
・フリースピン機能

ボナンザの機能は、上記が全てなのかな?
実際には、まだまだあるかもしれないですけど、Top10オンラインカジノを見ると掲載されていました。

これらの機能を更に良くした状態で搭載しているのがエクストラチリスロットのようです。

実際にボナンザとエクストラチリスロットをプレイして比較してみましたが
単にグレードアップをしたという事で新機能というものはないように感じますが

リール数も同じで、図柄の揃い方も同じなのでこれまで、ボナンザが楽しかった!と思える方なら
新しくなったエクストラチリスロットと同じなので、是非一度遊んでみてはいかがでしょうか?

パチンコ・パチスロって正直そろそろオワコンな感じがしますよね。

 

パチンコ・パチスロって正直そろそろオワコンな感じがしますよね。

 

今でも、イベントをすれば秋葉原など大きいパチンコ店には行列ができていますけど
結局抽選に入っても勝てる保証はないし、マナーが悪いお客さんが多いのも残念ながら事実なんですよね。

ただ、オンカジなどのニュース情報を掲載しているIR Japanサイトでダイナムジャパンが何か大きな事を2018年頃から取り掛かっているという記事がありました。

 

記事の内容的にはダイナムジャパンが台の交換規模を縮小して、

出来るだけ稼働率の高い台(人気がある台)をメインにしていくみたいな事を言ってるんですけど、

昔は違ったんですかね?

 

18才くらいの頃でも、日本の地元のパチンコ点は台の入れ替えが、そんな頻繁ではなくむしろ幻の5号機の台が永遠に置いてあるような感じのパチンコ店とか結構あるように記憶してるんですが、この記事を読んだ感じこれからのパチンコ業界は台の入れ替えが大幅に減る!みたいな感じに思いますが、正直、昔からです。という感じに思いましたね。

カジノのスロット戦略

これから、ひと勝負って思って深夜からパチスロのイベントとかに並んでたのも、ついこのあいだの事のように思うんですけど
今じゃ深夜の寒い中で並ぶこともなく、端末の電源さえつければすぐカジノを楽しめる環境が整ってますからね。
インフラ面を頑張ってくれた技術者さんたちに感謝ですね!
感謝の気持ちを忘れずに、カジノのスロット戦略を考えて立派にカジノで生計を立てれるようになれたらいいなって思います。
そのためにスロットの種類とかしっかり知らないと何も始まらないんですよね。

スロットにも色々な種類があって、絵柄が数字じゃなくてマークだったりキャラクターだったりとかします。
単純にパチスロのカジノは横か斜めかで揃える事以外にも、縦に図柄が揃えばあたりという扱いになるパズル系のスロットとかもあるんですよね。
そういったスロットの種類も知る事で、なんとなくパターン化できたりしないのかなぁ?って思ったりもしちゃうんですけど、そううまくはいかないのかな?

オンラインカジノサイト

 

オンラインカジノサイトっていっぱいありますよね。
ブログを書き始めた頃は、オンラインカジノなんて無料でできるちょっとしたゲームサイトなのかな?って思ってましたけど、今じゃベラジョンなど日本に対しても熱いサポートをしてくれているオンラインカジノサイトも多くて、毎日他人が書いたりしてる記事を読んだりして、遊んだことがないカジノの情報などを見たりするのが面白いなって個人的には思ってます。
ただ、1つできたらいいなぁって思うのは、日本製のオンラインカジノサイトができたらいいなぁって思いますね。
やっぱりベラジョンとかも結構しっかり日本語で対応してくれてるところもあるんですけど、翻訳とかされているのかな?時々不思議な点がいくつかあったりするので、あー外国製なんだったなぁと不意に思ってしまうところは、なんだか切ないですよね。
和製オンラインカジノ!って響がなんかかっこいいですよね。
それでも、オンラインカジノって世界中で見たら2000サイトもあるみたいですよ。
2000が多く見えるのか少なく見えるのかは、人それぞれですけどこれだけ規制が厳しい中で2000サイトも継続的にサイトを維持していられるのは、運営者の手腕ですよね。
この先も、オンラインカジノサイトがなくならないといいなぁ

カジノ反対派の声は、まんざらおかしな事を言っていないかもしれない

カジノ法案が可決されてから、少し期間が経ちますが未だにカジノは国内のどこにも開拓されていません。
法案が可決しても、まだまだ決めなければならない事が多くあるカジノですが、実際にはどんな動きがあるのかは、国会の中継を毎日密に確認していなければネットニュースをみる事をしなければならないです。
法案が可決したといっても実際にはまだカジノに対して賛成しきれていない所謂カジノ反対派の意見ですが、カジノを楽しむ事に重きを置く事ができる人間だらけなら良いですが、人間誰しも一度は経験をした事があるであろう
勝った時は、ものすごく気分がHiになる、これを味わってしまうと、また次も勝てる自分がギャンブルの才能があるのかもしれない錯覚に陥ります。
カジノを反対している人間は、どうもそこを心配しているようです。
まぁ確かに国内を豊かにしようと思ってカジノを運営したら借金を抱える人間が圧倒的に増えてしまった!ってなるのでは、なんのための法案だったんだってなってしまいますもんね。
借金を抱えるほどのリスクを許さない。既に借金などの負債を抱えている人はカジノをする事ができなくする、そのためにマイナンバーが有効に利用できそうですよね。
こういった借金を返すためになどの理由で、またギャンブルにハマってしまう人間を少なくする方法を国や誰かがやらないと、確かに安全にはカジノがスタートできないですよね。

オンラインカジノのトラブルとかってありませんか?

オンラインカジノって普通に入金処理を済ませて実際に遊んで見るって流れで、基本的には楽しむことができるんですけど、中には台の基本操作が難しいなって思います。やブラウザが急に固まって、せっかくいいところだったのに最初からになってしまったなどのトラブルが起きてしまうことがあると思います。
中でも、オンラインカジノでは入出金に関するトラブルが最も多いということがあります。
入出金のトラブルっていうのは、お金を送金してもらえないということです。
よくブログ記事とかに入金ボーナス初回入金額のx倍プレゼント!みたいなことがあります。
これで、入金額を倍にして、すぐに換金してみようと思ったら換金ができない!というお問い合わせがあるそうですが、実際問題それはトラブルになることが不思議なことで、単純に入金ボーナスを何も使わずに換金したら数日でお金を増やせる方法に紹介されてしまいそうな案件ですよね。
入金ボーナスに関しては、しっかりと、規約や注意事項など最初からカジノサイト側が説明をしっかりしてくれているケースがほとんどなので、規約に同意するということをして会員登録やオンラインカジノサイトのボーナスをもらうことをした場合、対応をしていただけません。
もちろん、オンラインカジノサイト側としても一定数は、そういったユーザーがいることは理解していると思いますので、そういった読んでないんだけど、お問い合わせをしてみようでも、気軽にお問い合わせをして大丈夫だと思いますよ。

 

日本でもカジノ法案が可決されましたね

 

日本でもカジノ法案が可決されましたね。これから正式にカジノが日本でも公式に楽しめるようになりますが、上手くいくのか気になりますね。
パチンコとカジノスロットとか、どういった線引きをするのか、日本のパチスロ会社がどういった形で今回のカジノに参加するのかなど、気になって仕方がありませんね。
しかし、日本ではどこにカジノ施設を建設するのかまだ決まっていないんですよね。
法案はしっかり決まっても、実際にできるのにどれくらい時間が掛かるのか予測がつかないのは、日本らしいといえば言い方は優しいですが、行動力がない国でもあるなって思いますよね。
そこで、今回はカジノが実際に日本でも建設されたときに、カジノについての知識が他者に劣らない、ためにほんの少しだけカジノのことを知ってもらえたらと思い、オンラインカジノスロットについて紹介されている記事をご紹介します。
オンラインカジノスロット」こちらのサイトは数年前からあるサイトですが、歴史があることもあって、カジノに関する知識も十分にあります。
全くの初心者から中級レベルの方は一読の価値ありですよ。

 

1